2016/06/09 15:39

ヨダをシルエットにしたときにどうなるかということは、キャラクターを描いているときからなんとなく想定していましたが、幾分ぽってりとしているので(それが売りなのですが)、正統派のアパレルには向かないのではないかと当初は思っていました。だから、ヨダか帽などでは、カラーであるにもかかわらず縦横の比率を0、84にしてシャープにみせています。ところが、いざシルエットとしてブランドアイコン的に使うときにはそれでは存在感が足りないということがわかり、思い切って1:1にしたところ、反対に引き締まったデザインとなってくれました。白が大好きな自分としても、本望です。納得のいくベジェ曲線が、はじめて描けました。

  • Home
  • About
  • Blog